読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員やめてみました。

公務員退職→自転車日本縦断→海外放浪→ゲストハウス開業へ

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→海外放浪→宿運営へ

インドまで来てビーチかよ(ゴア)

ネパール人とよく間違われる志水です。

 


インドに来て1週間経ちましたが、未だに腹を壊していません。
このOPP人間がこんなことあるのでしょうか、奇跡です。
これはもう遺伝子を疑うレベルです、胃腸がインド寄りです。

 

 

さて、岩と神殿の世界遺産ハンピを早々に後にし、インドでビーチと言えばというゴアにやって参りました。

f:id:kokorozashimizu:20170201011717j:image


正直ハンピにもうちょっといればよかったです。なぜ逃げるように出発したか全くの不明です。
何から逃げているのでしょうか、旅行に来ている場合ではないという現実でしょうか。

 

 

ゴアのあるビーチに着くや否や
「ニホンジン!コンニチハ!ハッパ?オンナ?ヤスイヤスイ!」

 

日本人がここで悪いことしているらしいことがすぐにわかりました。

 

パーティピープルの香りがしたので、速やかに日本人のいないようなビーチへ移動。

 


時はビーチのハイシーズン、そしてちょうど国民の休日を含む週の土曜日とあってどこの宿も満室。
空いていても安宿で一泊4000円とか言われてしまいます。(1000円以下が普通)


そんな感じで困ってビールを飲んでだらだらしていると、隣のお土産屋のおっちゃんが、「困ってんのか、オレんちなら2泊で1700円でいいぞ」と。

f:id:kokorozashimizu:20170201011849j:image

 

人ん家は怖いと思いつつも、少し迷ってブルジャール(そのおっちゃん)にお願いすることに。

 

家に連れて行ってもらうと、インド式アパートらしく、ベッドルームの他に一室あって、あとはキッチントイレが付いている思ったよりもキレイで安心安心100人乗っても大丈夫そうでした。

 


ブルジャールの店が終わるまでビーチやらナイトマーケットやらをぶらぶらしているとなんだか涙が流れて来ました。
そう、君の名が思い出せないのです。

f:id:kokorozashimizu:20170201011918j:image 


本当の悲しみの理由はリゾート地に1人で来るもんじゃないと気づいたから。

よく考えると地獄です。

 


変な嫌悪感を吹っ飛ばして日本人のパーティピープルのいる方にすればよかったです。

とりあえず海はキレイでも汚くもない感じで現地人がはしゃいでいました。
f:id:kokorozashimizu:20170201012208j:image


いとしさと切なさとが混じりながら、とぼとぼブルジャール家に戻ると知らない男×2が。

一緒に働いているサリームと、店に布を卸しているアタームも泊まるとのこと。

 

 

そして晩飯はなんとチキンが食いたいという私のリクエストにも答えてくれてチキンカレーを作ってくれたのです。
感謝の味だからか、単純に料理が上手いのかはわかりませんが、レストランで食べるより美味かったです。産休産休。

f:id:kokorozashimizu:20170201013100j:image

 

 

しかし、そんな感謝の中でも私は、

 

起きたら貴重品が無くなっているのではないか、最後にとんでもないお金を請求されるのではないか、全員に羽交い締めにされて犯されるのではないか、スリーメン30分とかやらされるのではないか。

 

という不安が常にありました。

 

 

 

しかし、別れ際まで特になにも起こらず、

むしろ「また来る時はぜひ連絡してくれ、おれも日本に行く時連絡するぞ」と言ってくれるのです。

 


その時ようやく疑っていた自分を恥じました。
なぜ親切にしてくれている人をそんな目でみてしまったのだろう。


がっちり握手をして、またねと。
インド人、やっぱりいい人ばかりです。
f:id:kokorozashimizu:20170201013322j:image

 

次はゴアを離れて最も栄えているムンバイへ移動します。

 

 

次回「福神漬けが欲しい」

ギニューさん、ここはどこですか(ハンピ)

どこで聞いても宇多田ヒカルは様になるよね志水です。

 

 

邪道かもしれませんが個人的にはfinaldistanceのm-fro remixが好きです。

 


それにしても当時15歳の女の子が"最後のキスはタバコの香りがした"と書くとはどういう神経しているのでしょうか。
私が15歳の頃はシャーマンになろうと必死だったと言うのにどこで差がついたのやらです。

 


そんなこんなでインド第3の都市ベンガルールを後にし、世界遺産ハンピへ。


夜行列車を使ったのですが横になれるシートでその額なんと約400円。
そこの電車男、切符も女も買うなら今ですよ。


列車はなんと30分しか遅れず到着し、車内には南インドっぽい優しい空気が流れています。
f:id:kokorozashimizu:20170201005913j:image

 

 

到着駅からハンピまで行く際、バス会社っぽい人に尋ねました。

 

志水「これはハンピ行きのバスですか?」

 

男A「そんなことよりこれ見てくれよ、ベルトが壊れてズボンがずり落ちちゃうんだ。ダッハッハ」

 

志水「相手にならんわ。すみません、これはハンピ行きですか」

 

男B「いやズボンやばいだろ、ヒャヒャハハ」

 

インド人を理解するには時間がかかりそうです。

 

 


ハンピへ着くと、そこは観光地。
f:id:kokorozashimizu:20170201010055j:image
欧米のバックパッカーがゾロゾロリと解決しています。

 

 

それもそのはず、岩山と遺跡の往復ビンタ、すげえいいところです。
f:id:kokorozashimizu:20170201010133j:image

f:id:kokorozashimizu:20170201010619j:image

f:id:kokorozashimizu:20170201010158j:image

f:id:kokorozashimizu:20170201010342j:image
岩岩岩。
どこまでも広がっている様はドラゴンボールの戦いのシーンっぽいです。

チャオズもここで自爆したと巷で有名です。嘘

 


インド人の観光客も多く、色んな人たちと仲良くなれました。
本当に写真好きの人種です。
f:id:kokorozashimizu:20170201010446j:image

f:id:kokorozashimizu:20170201010518j:image

 

というよりインド人めっちゃいい人ばかりで最高です。
目が合うとニコってしてくれますし、移動や宿泊でも私のbe動詞レベルの英語を丁寧に聞き取ってくれて助けてくれます。
バス待ちでもチャイを飲んでてもニコニコ会話して握手してまたねです。

 

神龍様、どうか西インド、北インドもこの調子でお願いします。ギャルのパンティも欲しいです、お願いします。

 

 

次回「トランクスの登場シーンで今までなんだったんってなる」

喉元過ぎても辛いわボケ(バンガロール)

早速カレーに飽きた志水です。

 


まだインドに来て3日目なのですがこんな調子でいいのでしょうか。

 

 

インド第3の都市であるベンガルール空港に着いて外に出ると、


ホコリっぽいような、スパイスのような、よく言い表せない他国の匂いが。

f:id:kokorozashimizu:20170125213713j:image


「よっしゃ海外来たぞー!楽しむぞー!」というような気合いは全く湧き出てこなく、
「あーまたアジアに来てしまったなー」と思うだけで、ウキウキ度は60%ぐらいなものでした。

 

 

しかし、空港から駅に向かうバスで、料金徴収のおばちゃんに2000ルピー払うと、お釣りは1766ルピーなはずが1700ルピーしかくれなかったのです。

あとは「はいはい」みたいな感じであしらわれたのです。


なめられちゃアカン、冬はやっぱりサビーナの精神にのっとり、


「ちょ、ちょ待てよ!」とクールに物言いしていると、私の後ろに乗っている数人がうるさくておばちゃんの声が聞こえない始末。


振り返るとその数人は何やら私に呼びかけていたらしく、「おばちゃんは細かいお釣り持ってないんだ!細かいのができたら後でくれるから安心しろ!」とずっと大声で説明してくれていたのでした。


私が恥ずかしながらもダンニャバードで承知すると、「どっから来た?」「日本か、そうかそうか」「インドは広いぞ、ガハハ」と。
そもそもその数人も知り合い同士ではなさそうだった。

 

インドの"危ない"というイメージが吹っ飛び、
おかげでウキウキ度が120%へと上がったのでした。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214627j:image

街は賑やかという表現では収まらず、やかましい。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214343j:image

壁にはおじちゃん一覧のポスター。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214428j:image

市場はカラフル。

 

 f:id:kokorozashimizu:20170125214442j:image

牛チャンはしっかり崇められてます。

 

 

 

 

そんなこんなで戸愚呂120%になったはいいものの、毎日カレーを食べ、だらだら歩くのみで、なんだか結構暇です。

f:id:kokorozashimizu:20170125214539j:image
"国を肌で感じる"ということ以外これといって目的を作ってこなかったことを後悔しています。

 


インド人にはなぜかジーパンがずり落ちてパンツではなく半ケツが見える人がたまにいます。
これも暇じゃなかったら気づかなかったことでしょう。めでたしめでたし。

 f:id:kokorozashimizu:20170125214607j:image

 

南インドはみんな優しくてなんだかつまづかなそうです。

これから人間の樹海である北インドへ徐々に向かいます。

 


次回「昔幽遊白書のゲームハマったよね」

インドは黄色マスしかなさそう

洋楽好きな女の子は彼氏持ちだろうという偏見を持っている志水です。

 

 

だいたいは彼氏の影響でしょう。

 

そんな感じで音楽で女の子を勝手に分類するのが好きです。

 

歌が入っていないのを聞く女の子はオシャレ。

EDMが好きな女の子はとにかく乾杯がしたい。

ジャニーズ好きは文科系出身。

対してEXILE系が好きな女の子はスポーツ女子、おまけにすぐ泣きます。

椎名林檎が好きな女の子は泣きません、でも変なところで泣きます。

西野カナとかaikoを聞く女の子は男との別れ際はあえてクールに済ませたい派だと思っています。

そんな中で私はチャゲアスゲスの極みが好きな女の子が魅力がすごいですし、なにより寛容そうなのでオススメです。

 

あくまで個人の偏見です。気分を害した人がいたとしたら少し当たっているということでしょうか。何にせよ序盤から申し訳ありません。Say Yes

 

 

 

 

 

f:id:kokorozashimizu:20170121233119j:plain

そんなことで、明日から2か月ほどインドネパールへ行ってきます。

 

観光ビザ、親父のおさがりの地球の歩き方、多量のビオフェルミンしか準備したものはありません、ノープランもいいところです。

 

しかし、そんな不安な状況はわざと作ったといっても過言ではありません。

そのぐらいの方が生きる力が試されますし、盗まれるものも少ないしあっちでいろいろ買えるからです。

 

楽しみとともにビビっています。

昔のように地球の歩き方をしわくちゃにポケットに入れていこう。

 

f:id:kokorozashimizu:20170121231243j:plain

 

人間の森を言われているインド。木を避けては森を歩けないように、インドを歩くには人は避けては通れないんだとか。

いいないいな人間っていいなと思って帰ってくるか、人を信じるということができなくなって帰ってくるかの2択です。

 

帰ってきてしばらく更新がなかったら後者だと思ってください。

 

 

 

今回は凝り固まった日常の隙間に行くわけではないので、非日常に新鮮味が少ないかもしれませんが、

モットーのひとつである ”死ぬ以外のリスクは寛容に”(今考えた)にのっとって楽しんで来ようと思います。

 

とにかく帰ってきた直後に私と左手で握手しましょう。きっとクミンの香りがするはずなので。

 

 

 

明日は一日移動となるので、フィリピンに行った時のように慌てないようにしたいです。

kokorozashimizu.hatenablog.jp

 

したっけ行ってきます。

 

 

次回「ビートルズを聞いている人は自分の世界をもっている」

自転車日本縦断の資金と持ち物まとめ

特殊な蜘蛛に嚙まれてみたい志水です。

 

 

最近は短期アルバイトの傍ら、自宅警備員としてせっせと除雪をしています。

そもそも自宅警備員なのに「せっせと」やる必要があるのかやみくもに考えています。 

何にせよやみくもに考えることがあるというのは幸せなことです。

 

 

さて、ようやく昨年行っていた自転車日本縦断を資金面持ち物面でまとめてみようと思います。

f:id:kokorozashimizu:20170120000531j:plain

 

この記事は「これから自転車で旅をするぜ!」という人へ向けた記事です。

海賊王や火影になりたいよという方々は下にスクロールしながら明日何着ていくかを考えるとよいでしょう。

 

 

 

資金面

結果から言ってしまうと、214日間でかかった費用はざっと60万円ちょい。

1日に換算すると約2,800円。少し高いですかね。

 

何にお金がかかったかというと、1番が宿泊費、2番が食費、3番が観光費です。というよりそれ以外お金がかかりません。

私の日本縦断はいろいろな宿を見てくるというテーマであったため、平均すると4日に1回ぐらいでゲストハウスに泊まることがあったので、宿泊費がかさんでしまいました。

通常チャリダーの方々にはテント泊のみという方もいるため、もっともっと安く済むかもしれません。しかし、ゲストハウスでたくさんのいい出会いがあると思いますのでたまに宿を使うこともオススメします。

 

なにより私は自転車旅の途中にぶっ飛びカードで台湾旅行に行っているので、そこで結構なお金がぶっとびカードでした。

東京でも結構贅沢に遊んだ記憶があります。記憶を消したいのですが、酔って私の苦手なクラブとやらに行った記憶が脳裏にこびりついています。あとで脳裏をちょちょいのジョイです。

 

 

それ以外の期間はしっかり節約していました。

 

食に関しては、ご当地グルメなどどうしても食べたいものがない日は1日500円かかっていなかったと思います。

前半は米を炊いてましたが、後半はめんどくさくなってパンと麺の往復ビンタでした。

中でも食パンは最強です。安いし日持ちするし腹いっぱいになるしジャムで変化自在だし明日が見えなくなっても食パンに穴を開けて覗くと輝く未来が見えてきます。

恥ずかしながらそんな貧乏生活していることが楽しかったのです。

 

 

もっと贅沢したかったとか、もっと節約すればよかったとかの後悔がないので、良い塩梅でできたのだと思います。

 

 

まとめると、これから自転車日本一周へ旅立つ方は旅のスタイルにもよりますが、50万円あれば全然行けちゃうと思います。

 

あとは走っていると知り合いが増えていって短期の季節労働なども紹介してくれたりしますのでそこで稼いじゃいましょう。知らない土地で働くことはものすごく面白いです。なにより働かざるもの食うべからず(道草を除く)。

 

 

 

持ち物

持って行ってよかったもの

・オルトリーブサイドバック

ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー シティ ブラック 40L(ペア) サイドバッグ 【並行輸入品】F5002

新品価格
¥12,980から

私の自転車”グレートジャーニー”には荷物を入れるバッグ×4が最初から付いていました。しかし、これが全然グレートではなく、防水でないのは覚悟していましたが、作りが予想以上にもろい。

代わりにチャリダー界ではこれ一択のオルトリーブにしたところ、容量が少し劣るものの、防水で造りがガッチリ。バックを気にするストレスが減り、トリプルルッツを決めた次第です。

 

リアライト

Coolife テールライト 自動点滅 自転車用ソーラーテールライト

新品価格
¥1,399から

短いトンネルや、夕方までもいかない少し暗い時間はオート点灯のリアライトでいきました。暗くなったら逆側につけた眩い光を放つ手動点灯リアライトも付けていきました。これできっとあなたの未来も照らしてくれ..以下略。

 

・パンク修理キット

PARKTOOL(パークツール) VP-1C パッチキット VP-1C

新品価格
¥318から

パンク修理の仕方がわかっていない状態で出発した私でしたが、人間困ったときは何とかするもので今となってはパンクはドンとこいです。嘘  そんな中で役に立ったのは安いですがこれです。

 

・モバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 

新品価格
¥2,299から

携帯電話・音楽機器なんでも充電しちゃいましょう。フェスやキャンプでも大活躍間違いなし。Ankerがコスパ最強です。

 

ソーラーパネル

ソーラーチャージャー RAVPower 超軽量 改良版 16W 2ポート 折りたたみ式 ソーラーパネル ソーラー充電器

新品価格
¥4,999から

もちろん毎日コンセントに出会うわけではないので、太陽からモバイルバッテリーに充電しちゃいましょう。晴れた日に1日荷物につけて走っていると寝るときには満タンでした。

 

・というより事前準備していたものほとんど

kokorozashimizu.hatenablog.jp

なんだかんだ全部と言っていいほど使いました。ぜひ見てください。

 

 

要らなかったもの

・たくさんの衣類

・たくさんの本

・たくさんの調理器具

・たくさんの髪の毛

・緊張感と羞恥心

 

日本を周る限り、どこにいたって最低限必要なものは買えますし、使わないものがあれば郵便で送り返せます。使うかも...と思ったものは大体いらないですし、重くなるので移動式ホームレスには致命傷です。

持ち物は最低限でいいというのと、お気に入りのものを使うと気分があがります。そうです、気持ちは女子でいきましょう。

私もそうでしたが、出発前はいろいろな人のブログを見て、持ち物を揃えました。しかし、それはやはり個人の感覚であり、自分が持っていきたいものが一番いいと思います。最悪気合い×10ぐらいあればなんとでもなるのです。

 

 

便利だったアプリ

・自転車NAVITIME

あるところから有料ですが、チャリンコ乗りに使ってほしいです。目的地をいれるとそこまでの距離と時間、そして何より高度グラフがでます。坂道がどんな感じかイメージして戦いに臨むことができます。しかしバッチリ正確なわけではないので、「何がこっから平坦だよ!登りじゃねーか!」となることもありますが慌てないことです。頼ったのはこっちです。「いつもお世話になっている中恐縮ですがひとつ敢えて苦言を呈させていただきます。」と冷静にいきましょう。

 

Google map

Google マップ - ナビ、乗換案内

Google マップ - ナビ、乗換案内

  • Google, Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

言わずも知れたやつ。目的地や行った場所などに星をつけたり、Mymap機能ではカテゴリ別に場所をクリップできます。地図上で街からはずれた広めの公園を見つけましょう、そこが今日のホテルです。

 

・Clipbox

Clipbox

Clipbox

  • KGC
  • ユーティリティ
  • 無料

これはYoutubeなどの動画をダウンロードしてネット環境のないところでも見ることのできる優秀なやつです。ドラマや映画、ライブ映像をWifi環境時などにダウンロードしまくってテントの中でだらだらしましょう。おかげで私は"深夜食堂"というドラマを全部見ました。

 

 

ネットの使い過ぎは旅を薄いものにしてしまうことをわかっていて、こんなに使ってしまってなんだかなあです。反省です。皆さんは適度に使うことをオススメしますし、私も次回は携帯を4つ折りにして行きます。

 

 

 

資金と持ち物に関してはこんなものです。

心境に関しては以下の記事の感じです。

kokorozashimizu.hatenablog.jp

 

 

そんなこんなで、ようやくこれで自転車日本縦断編が完結です。

 

次回からはインド旅行編に入ります。ワンピースでいえばまだキャプテンクロのあたりということになるでしょう。

 

 

次回「噓でしょクラハドール」

 

下のバナーをクリックすると私のブログランキングなるものが変動し、私を通してランキングという格付け社会に爪痕を残すことができるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

正月休みに見たい映画10選

明けましておめでとうございます。今年も志水です。

 

 

近所のショッピングモールで年末年始の福袋の売り手が足りないという急募の求人を見て、これはオレが立ち上がるしかないだろう!(稼ぎたいだけ)と意気揚々に応募したら、面接で落ちました。

原因はやはり顔でしょうか。整形外科でリアル福笑いを考え始めた次第です。

 

 

 

そんなこんなで年末年始暇人となってしまった私は、狂ったように映画を見ることに決めました。

f:id:kokorozashimizu:20170103015056j:plain

 

 

しかし、外に出るにも車を売ってしまい、大雪原に取り残されている私はiTunesで映画をレンタルすることに。

そう、なんと私が二輪車にまたがっていた間にTSUTAYAやGEOに行かずにネット上で映画をレンタルする時代になっていたのです。

 

最新作や人気作、期間限定で100円で借りられる作品、スタッフのおすすめなどズラリと並んでいます。

 

正月にふさわしい映画はどれだろうかと予告編を見ながら吟味していると2時間ぐらい経っていました。知らぬ間に時をかけてしまったもしくはデロリアンに乗っていたのだと思います。

 

 

 

そんなこんなで正月休みに見たい個人的にオススメな映画を10作品紹介します。というより正月や映画に限らずこういう記事を書いてみたかっただけです。気分は有村崑です。

iTunesだけではなく、amazonプライムで見ることのできる作品もあるので、会員の人は無料で見れるかもしれません。(私は気づいたらプライム会員でした)

 

 

1.  LIFE

youtu.be

『生きている間に生まれ変わろう』というキャッチコピーがまずぐっと来る作品。

さえない主人公が長年働いたデスクを飛び出して勇気ある行動へ出るというベタな流れですが、途中途中の妄想ユーモアと背景の迫力で飽きなくスラスラ物語が進んでいきます。

スラスラ過ぎて映画通の人には少し物足りないかもしれません。

しかし、思い切った人生を送りたいと思いながらも、そうできなかった主人公が変貌していく様は新年早々1歩踏み込む勇気をくれそうです。

頭の固い上司に新年のあいさつとともにプレゼントしたい一作です。

個人的には社会から本当に飛び出すこともかっこいいですが、疑問を持ちながらもしっかり社会に従事している人もかっこいいと思います。

LIFE!/ライフ [DVD]

新品価格
¥842から

 

2. きっとうまくいく

youtu.be

至極のインド映画。

あらすじを説明できないほどコメディ・ドラマ・ミステリー・ミュージカルなどすべての要素を1つにまとめたような作品。

3時間ぐらいあるので途中疲れる人も多いかもしれませんが、どんどん新たな展開へとつながっていき、退屈せずに見ちゃいます。ところどころの伏線回収も見事です。背景のラダック地方と思われる景色が綺麗で吸い込まれそうになります。

インド映画見たことないという人には1本目として特にオススメですし、見たことがあるという人もインド人のエネルギーで新年から元気が出ること間違いなしです。All is well!

ちなみにダンス要素はないですが"めぐり逢わせのお弁当"というインド映画はカレーが美味そうでオススメです。

ちなみにちなみに細かすぎて伝わらないモノマネ第20回大会の弾丸ジャッキーのネタもオススメです。キマカレチョマカレ

きっと、うまくいく(字幕版)

新品価格
¥432から

 

3. 南極料理人

youtu.be

真田丸で話題の堺雅人主演のゆるくあったかーい雰囲気の作品。個人的に一番好きな邦画です。

南極での男達の共同生活の物語なのですが、男子が群がれば年がいくつになってもアホな様子には無意識にフフッと笑わされてしまいます。

そして原作本もそうですが、美味そうな飯がバンバン出てきます。ご飯を作ってもらう幸せも感じられるので、そこの好感度上げたい系女子はご飯前に彼氏にこの作品を見せると必ずや評価が上がるでしょう。

最後にどんでん返しが待っているとかそういう映画ではないですが、妙な満足感があります。今年もお腹が鳴るなり法隆寺

南極料理人

新品価格
¥300から

 

4. プラダを着た悪魔

youtu.be

聞いたことがない人がいないぐらいの超有名作品。

悪魔のような上司にこき使われながらも成長していく女性のサクセスストーリー。この手の映画はたくさんありますが、全てこれを参考にしている気がする程。なによりアン・ハサウェイが超絶美人、サイコウ。

知らない世界で働くということ、仕事を理解してきた時の楽しみと挫折、上司同僚との関係性、プライベートとの両立、、、仕事をするということを考えさせられますし、仕事をする楽しみを思い出させてくれます。

よくわかりませんが、これを見ると自分が仕事できる人間になった気がするので不思議です。これを見てオシャレをして仕事始めに向かいましょう。きっと初っ端から上司に怒られます。

プラダを着た悪魔 (字幕版)

新品価格
¥250から

 

 

5. 最強のふたり

youtu.be

全身麻痺の大富豪がスラム街出身の黒人を介護人として雇うことから始まる人間模様を描いたフランス映画。

アメリカ映画のように物語の1から10をドカーンと映すのではなく、2から7までをフワッと映すようなところがフランス映画の好きなところです。

両者孤独だけども2人そろえば最強、しかしやはりふと思い出す孤独、最後のほうはさらりとした涙が出そうでした。

これを見ると2017年は人に優しくできそうです。

話は変わりますが、フランスの黒人と聞くだけでジブリル・シセを思い出すのは私だけでしょうか。

最強のふたり (字幕版)

新品価格
¥300から

 

6. キック・アス

youtu.be

上記で書いたような、1から10までドカーンバカーンキャーと描くアメリカヒーロー映画。

スパイダーマンやファンタスティックフォーのように特殊能力で戦う系ではなく、凡人ヒーロー物語。

ヒットガールや挿入歌の可愛い感じでバッタバタ敵をなぎ倒していくのは見ていて爽快。正月休みくらい深いこと考えないで頭パーにしてスッキリしたい人にオススメです。

ちなみに私もいつ悪が現れてもいいようにベッドの近くには鈍器を隠してあります。

キック・アス (字幕版)

新品価格
¥324から

 

 

7. ショーシャンクの空に

youtu.be

名作中の名作。

映画が好きという方のほとんどは見たことがあると思います。

冤罪によりショーシャンク刑務所入りしてしまった有能な銀行員が、刑務所内での様々な葛藤と闘いながらも希望を捨てずに生きていく物語。

モーガン・フリーマンはなぜこんなにもいい味だせるのでしょうか。あのしわには味の素でもつまっているのでしょうか。かっこいいです。

終盤の展開はこれぞ映画な感じで最高。新年からこんなの見ちゃったら特殊能力”逆境〇”が付くことでしょう。

ショーシャンクの空に(字幕版)

新品価格
¥300から

 

 

8. アヒルと鴨のコインロッカー

youtu.be

酉年ということでアヒルと鴨。主題歌は昨年ノーベル文学賞受賞のボブ・ディラン

伊坂幸太郎のミステリー小説が原作。原作のほうが面白いのは百も承知ですが、あれをこんなに上手く映画にできるものなのかと感動した作品です。

大学生の主人公がとなりに住んでいる男と本屋を襲うことになり、物語が進んでいきます。

え、なにこれどういうこと?ってかあれ誰?どうなっちゃうの?という疑問が後半に次々と晴れていき、明らかになったそこには切なすぎる物語があります。頭使う映画が好きという方にオススメです。

それにしても年を越しても鴨そばなんていいですね。

アヒルと鴨のコインロッカー

新品価格
¥300から

 

9. イエスマン

youtu.be

ジムキャリー演じる頭が固い男が、拒まずに全てを受け入れたらどうなるのかという作品。

ちょっとあぶない宗教臭いのが出てきますが、受け入れることの大切さ、やっちゃえやっちゃえという勇気を改めて教えられます。バカだけどちょっとためになるような映画です。

さあ、あなたも今年はYesと言ってみましょう。

飯おごってくれる?

イエスマン "YES"は人生のパスワード (字幕版)

新品価格
¥300から

 

10. フォレスト・ガンプ/一期一会

youtu.be

トムハンクス主演のフォレストガンプという男の半生を描いたアメリカ映画。

キャッチコピーは『人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ』

幼いころの話、家族と恋人、紛争、生と死、人生とは、間の抜けたフォレストの人間臭いところが見ていて胸に刺さりますし、走るというところに一貫したロマンを感じます。

具体的にどんな映画かと言われれば上手い言葉がないのですが、見終わった後には自分も走り出したくなるような作品です。

酉年なので飛躍の方が合っているかもしれませんが、地に足をつけて新年も走り抜けましょう。

フォレスト・ガンプ/一期一会 (字幕版)

新品価格
¥300から

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

レンタルではなく、劇場でもいい作品がたくさんやっています。

私もこの間劇場で『君の名は。』を見に行きましたが、前の席のおばちゃんがウソのように要所でデカいゲップをするので集中できませんでした。

 

あとは、これも面白いよというオススメ映画があれば年賀状に書いて教えてください。

f:id:kokorozashimizu:20170103015044j:plain

 

 

そんなことより正月休みなんて終わってもう仕事だよボケ!とお思いの方へ。

その仕事、私にくさだい。ワタシ、シゴトシタイ。

 

 

 

次回「こんなことやってる場合じゃない、インド行こう」

たでぃーま北国 (東京都→北海道旭川市)

back numberのボーカルとタイムマシーン3号のツッコミは同じ人だと思っていた志水です。

 

 

とうとう我がふるさと北海道の旭川市にようやく帰ってきました。

f:id:kokorozashimizu:20161215163529j:plain

 


感慨深いものがあるというかなんというか、んーとですね、寒いです。鼻毛が凍りそうでそれどころではないです。

f:id:kokorozashimizu:20161215164208j:plain

とりあえずおかえり言ってくれる人Put your hands upです。

 

 

 

 


沖縄からの帰り道はヒッチハイクやらバスやらフェリーやらでチャチャチャチャゲチャチャっと帰ってきました。

 


ヒッチハイクは乗せてくれる良い人たちがいるものですね。
感謝です、感激です、雨です、霰です、折りたたみ傘を持って行くといいです。

kokorozashimizu.hatenablog.jp

 

 

 

 

途中はチャリンコ旅でお世話になった方々のところに寄らせてもらいました。

(行くと言いながら行けなかった方々本当にすみません、すぐには行けませんがまた何年か後にお礼を言いに行きます。もしくはお礼を言われに来てください。)

 


そして再会にヘラヘラしていると、飯やら宿やらまたまた皆さんにお世話になってしまいました、改めてありがとうございました。
写真を撮ってない人もいますが一部勝手に載せさせてもらいます。

f:id:kokorozashimizu:20161215160705j:image

f:id:kokorozashimizu:20161215160712j:image

同じようにターニングポイントを迎えている人が多く、考えも私の5億倍しっかりしていてカッコいい人ばかり。
おかけで私も気と括約筋が締まりました。キュッ

 

 

 

 

 

そんなこんなで現在旭川市は絶賛冬開催中です。

f:id:kokorozashimizu:20161215160855j:image
最高気温は-5℃です。最高の概念が覆ります。

外が寒すぎて耳がとれたかもしれません。つぎは目でしょうか鼻でしょうか。ポテトヘッド現象です。同じ形の彼女募集中です。

 

 

f:id:kokorozashimizu:20161215163751j:plain

あたりが雪で真っ白なので色の黒い私が目立ってしまいます。
おにぎりのごま塩の気持ちがわかりました。

 

 

 

 

 

 

実は、チャリンコ日本縦断の途中で自分に合う良い場所があったら住んじゃおうかとも思っていました。

行ってみると実際日本には自分の知らないたくさんの素晴らしい街や地域がありました。

 

 

でもやっぱり私は

外のキリッとした空気や暖かい室内があって、何キロ先まで見渡せる景色があって、いつだって満点の星空とふわふわの雪、ジンギスカン寿司スープカレーザンギセイコーマート、そして田舎臭くて優しい人たちがいる


そんな北海道が好きです。


改めてここで自分の好きなことをやっていくことに決めました。

 f:id:kokorozashimizu:20161215163829j:plain

 

 

しかし今の私は、荷物をくくりつけた自転車にも乗らなければ、デカいザック背負ってヒッチハイクもしていなく、公園の水道で髪を洗うこともしない、ただの天パヒゲ人間に戻ってしまいました。

しかも以前と違い、無職です。世間的に胸を張れる立場ではないかもしれません。

 


だからと言って、「前までチャリンコで長旅してました!」などと以前の奇行をおおっ広げにすることも嫌なので、
それはただのヒゲ人間の一つの経験として胸と足に記憶を残して、次に進まなければなあと思います。

 

 

 

 

宿を開くための物件探し、資金はどのくらいかかるのか、まずはざっくりとした事業計画を立てるなどなど


幸せなことにやることはたくさんあります。

 

 

 

そんなこといいながらも、次は1月の下旬から3月末までインドとネパールに行ってこようと思います。(チャリンコ旅が思ったより少しだけ安くあがったので)

 


ゲストハウスやるやる詐欺です。毎日閉店セール状態です。

 

 

インドは、よくわからないですが大切な物事の前に倒しておかなければいけない気がしていて。

ネパールは、小学校1年生以来のリベンジです。
親に行くよ!と言われてサティにでも行くのかなと思っていたら、気づいたら象に乗っていて、トレッキングだってよくわからんうちに終わりました。海外生活が嫌すぎて日本人宿で釣りバカ日誌ばかり読んでいた記憶しかありません。


それらを含めて今回行くことで私のアナザースカイにしたいです。
カメラの前で太陽に手をやり、「やっぱり海外は空が高いなあ」とか言いたいです。
今田さんになんやねんアレとか言われたいです。

 


そして何より夢のチャパ王に少しでも近づけるでしょうか。
f:id:kokorozashimizu:20161215164901p:image

 


その旅行までは、地元でアルバイトをしたり、友人と酒を飲んだり、バスケでターンオーバーをしたり、これっくらいのおべんと箱におにぎりおにぎりちょいと詰めたり、世間に中指立てたり、その立てた指で鼻をほじりながらゆく年くる年を見たりしたいです。

 


そんなことより実際この旅でいくら使ったんだ!現実との擦り合わせをせい!という人へ、金銭面やシビアな生活を次回発表します。たぶん。

 

 


次回「好きだけども、田舎好きだけども!終電ならぬ終バス22時半」