読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員やめてみました。

公務員→無職→ゲストハウス開業へ 自転車日本縦断を終えたので一旦海外へ。

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→血迷ってインドへ

喉元過ぎても辛いわボケ(バンガロール)

早速カレーに飽きた志水です。

 


まだインドに来て3日目なのですがこんな調子でいいのでしょうか。

 

 

インド第3の都市であるベンガルール空港に着いて外に出ると、


ホコリっぽいような、スパイスのような、よく言い表せない他国の匂いが。

f:id:kokorozashimizu:20170125213713j:image


「よっしゃ海外来たぞー!楽しむぞー!」というような気合いは全く湧き出てこなく、
「あーまたアジアに来てしまったなー」と思うだけで、ウキウキ度は60%ぐらいなものでした。

 

 

しかし、空港から駅に向かうバスで、料金徴収のおばちゃんに2000ルピー払うと、お釣りは1766ルピーなはずが1700ルピーしかくれなかったのです。

あとは「はいはい」みたいな感じであしらわれたのです。


なめられちゃアカン、冬はやっぱりサビーナの精神にのっとり、


「ちょ、ちょ待てよ!」とクールに物言いしていると、私の後ろに乗っている数人がうるさくておばちゃんの声が聞こえない始末。


振り返るとその数人は何やら私に呼びかけていたらしく、「おばちゃんは細かいお釣り持ってないんだ!細かいのができたら後でくれるから安心しろ!」とずっと大声で説明してくれていたのでした。


私が恥ずかしながらもダンニャバードで承知すると、「どっから来た?」「日本か、そうかそうか」「インドは広いぞ、ガハハ」と。
そもそもその数人も知り合い同士ではなさそうだった。

 

インドの"危ない"というイメージが吹っ飛び、
おかげでウキウキ度が120%へと上がったのでした。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214627j:image

街は賑やかという表現では収まらず、やかましい。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214343j:image

壁にはおじちゃん一覧のポスター。

 

f:id:kokorozashimizu:20170125214428j:image

市場はカラフル。

 

 f:id:kokorozashimizu:20170125214442j:image

牛チャンはしっかり崇められてます。

 

 

 

 

そんなこんなで戸愚呂120%になったはいいものの、毎日カレーを食べ、だらだら歩くのみで、なんだか結構暇です。

f:id:kokorozashimizu:20170125214539j:image
"国を肌で感じる"ということ以外これといって目的を作ってこなかったことを後悔しています。

 


インド人にはなぜかジーパンがずり落ちてパンツではなく半ケツが見える人がたまにいます。
これも暇じゃなかったら気づかなかったことでしょう。めでたしめでたし。

 f:id:kokorozashimizu:20170125214607j:image

 

南インドはみんな優しくてなんだかつまづかなそうです。

これから人間の樹海である北インドへ徐々に向かいます。

 


次回「昔幽遊白書のゲームハマったよね」