公務員やめてみました。

公務員退職→自転車日本縦断→海外放浪→ゲストハウス開業へ

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→海外放浪→宿運営へ

というわけでフィリピン留学

というわけでフィリピン留学に来ています。

今回は留学についてまじめに適当に書きます。

 

 

留学?なんてかっこいいんでしょう!

 

 

と思ってください。

そうなのです。できればかっこいいと思われたいです。

そうでもしないと行った人が報われません。

 

しかしただ海外の机で勉強しているだけです。留学という言葉が一人歩きしているです。

 

 

フィリピンと聞くと大抵の人は「女でも買いに行くんだろ、病気だけは気をつけろよ」と言ってくれます。

 

 

そこのあなた、フィリピンが安いのは女だけではないんです。

(女性の方、怒らないでください、男の子はみんな純粋なだけなんです)

 

 

そう、英語留学もとてつもなく安いんだなーこれが。

 

オーストラリア、カナダ、アメリカの留学に行ってる人は正直リッチマンです。嫉妬です。お金を泥棒してやりたいです。

 

フィリピンの公用語はほぼ英語なわけで、ほとんどの人が英語を話せるわけで、安いからと言ってクオリティが低いわけではないわけで。(欧米と比べてないのであまり知りませんが)

 

 

安くて好環境

 

 

なのでとても流行っています。

どれぐらい流行っているかというと、全盛期のKinKi Kidsぐらいですかね。

 

 

日本にもたくさん留学代理店があります、フィリピン留学で調べたらその数の多いこと多いこと

 

そして学校とかコースとかが本当に色々選べるのだけれど、どれがいいのか正直わかりません。

 

「英検4級もってます!天パのヒゲです!私に見合ったコースでお願いします!」って言いたいところですが、誰に言ったらいいのかも調べなければならなさそうだったので、自分で色々学校とかコース調べました。

 

 

 

そして私が色々調べた中で最安だったところはここです。

 

 

フィルイングリッシュ

phil-english.com

 

 

私が払った経費は下の感じです。

・期間1ヶ月

・標準コース(EESL)授業料

・6人部屋家賃

・飯代(1日3食)

・教科書代

・留学登録費など

 

 

こんなに含めたらお高いんでしょ?

と心配の奥様へ。

 

 

値段ではありません、お子様旦那様が留学と聞けば近所で話題沸騰になること間違いなし、井戸端の琴奨菊になれるかもしれません。

 

 

 

 

そんなことはどうでもいいとして、

 

トータルで約12万円

(航空券も入れたら15万5千円)

 

 

 

 

なんということでしょう。

 

こんなことがあっていいんでしょうか。

 

 

 

 

 

さらに!

 

「このブログをみた!」と言っていただいた方に今なら私の愛想笑いもついてきます!!

 

 

 

 

 

オーストラリアで調べてみたところ安くて1ヶ月で25〜30万ぐらいですね。

(航空券いれたら35〜40万というところでしょうか(北海道発の場合))

 

 

 

留学に来ている人の目的は、ワーキングホリデーの前の腕慣らしの方が多いですが、その他にも、会社で英語が必要だから、海外旅行に行くため、大学が英語ゼミだから、暖を取りに、気づいたらここにいた、などなど盛りだくさんな印象です。

 

 

私の場合、授業は8時から21時までぎっちり(もちろん数時間の空き時間はあります)。

ホームワークもたくさん課してくれて怠け者には優しい日程です。

 

 

また、全ての授業が英語で行われるので聞く力はつくと思います。

中高レベルの授業をやったり、小クラスでディスカッションをしたり、

私の選んだ学校は英語力を伸ばすために同じ国同士でも母国語禁止にしています(結構みんな喋ってるけど)

 

 

とりあえず私のいるバギオという町は僻地にありながらも栄えており、田舎な都会が地元北海道に似ています。

 

こんな感じ

f:id:kokorozashimizu:20160303003219j:plain

 

 

来て1週間ぐらい経とうとしていますが、飯?水?にやられケツからお湯が出ています。

フィリピンまでお湯を沸かしに来たわけではありませんので、竹馬の友であるビオフェルミン製薬と共に戦っています。

 

 

英語力を20からせめて30に。

もしくはスカウターが壊れるレベルになれるよう奮闘したいと思います。

 

 

聞きたいことがあればコメントやFacebookでメッセージ送ってください。

黒ヤギ気質なので読まずに食べることもありますが悪しからず。

 

 

現地からは以上でーす。