公務員やめてみました。

公務員退職→自転車日本縦断→海外放浪→ゲストハウス開業へ

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→海外放浪→宿運営へ

早速ゲストハウスで働くことになりました。(旭川市)

あなたとコンビに志水です。

 

 

 

いきなりですが、自分の宿の物件が決まって運営できるようになるまでの間、

同時進行で北海道旭川市にある"宿レトロハウス銀座旭川"というゲストハウスの運営を任せてもらうことになりました。

 f:id:kokorozashimizu:20170406193122j:imageさかなさ

少し前にすごくお世話になっていたホームステイレベルのとても小さい宿です。
ずっと未完のままというところが魅力であり欠点という宿です。

 


公務員時代から3,4年間もだらだらとやりたいなと思ってきたゲストハウス運営。

 

これからどのようにしていくか。

 

"もう戻れない"という世界にどんどん突っ込んでいき、ビジネス面も含めて正直不安ばかりです。

暗中模索もいいところです。
でも不思議となんとかなるんじゃないかとも思ってます。

 

 

利益も損益も自分の責任となり、負荷がかかりますが、楽しみで楽しみでしょうがありません。

 f:id:kokorozashimizu:20170406194625j:image

 

 

やりたいことは声に出して言っていると助けてくれる人がいるものなのですね。
ケンシンさん、石持さんをはじめ皆さんありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいいっぱいです。

 


やれるだけやってみようと思います。

 f:id:kokorozashimizu:20170406193241j:image

 

 

 

 


さて、現在のゲストハウス情勢についてですが、


昨今の格安航空券の増加や、情報伝達手段の発達による観光客の増加とともに、ゲストハウス(相部屋の安宿)が増えてきています。

 

その広がり方はブームと言っていい程。


そんなブームの中に入るのは少しミーハーな感じもしますが、いま注目の業界には変わりなく、チャンスだと思ってしがみついていきたいです。

 

 

そして全国には個性豊かなゲストハウスがたくさん出来てきています。
古民家を改装した宿、カフェやバーが併設された宿、ビル一棟のでかい宿、地域の基点となっている宿など。


チャリンコ旅行中に良い宿をたくさん見てきました。

f:id:kokorozashimizu:20170406193529j:image 


そんなゲストハウス戦国時代とも言える現在において、宿の個性が大事とよく言われます。
乱立する宿の中でも特に魅力となる点で勝負したり、細かくニーズを絞っていくために必要でしょう。

 f:id:kokorozashimizu:20170406193558j:image

 

 

私もどんな宿がいいだろうと必死に考えていました。

 

北海道っぽいものってなんだろう。
アウトドアがセットになったものがいいのではないか。
ギャラリー付きのものがいいのではないか。
美味しい朝食付きがいいのではないか。
床が牧草でふかふかがいいのではないか。
BGMは安全地帯に限るのではないか。
愛されるよりも愛したいのではないか。

 

 

 

 

んー。

 


そもそも宿泊所運営すら初めてなのに、それらの個性を出すことにも力を入れると考えるとだんだんと自信がなくなってきたのです。

 


しかし、今回海外で色んな安宿に泊まって終盤にしてようやく気づきました。

 

 

そのような個性というものは所詮オプションであって、極論ですがある程度の価格と親切なスタッフと清潔感があれば良い宿なのではないかと。

あとは美容室と一緒で、その人に合うか合わないかではないかと。

 

 

そもそもゲストハウスという相部屋の安宿の居心地の良さを知らない人すらまだまだ多いのではないかと。

 

 

 

アウトドアやギャラリーなどの要素は、余裕が出てきてからにするとしました。

 

 

まずは皆がゆっくり休める空間にすること。
そしてゲストやふらっと訪れた人が何を求めているのかをこっそり観察して、宿泊のついでにそっと提供してあげられるような、そんなゆったりした宿を目指すことにしました。

 

 

要は無理はしないということに決めました。

f:id:kokorozashimizu:20170406193700j:image

 


大人数でパーティといったワイワイした空間にはならないかもしれません。
しかし、リラックスして日記を書いたり、本を読んだり、TVのない空間で友だちとだらだら話したりと、ゲストにとっても無理のない時間を提供したいです。


それが1つの旅行の醍醐味であるとも思っているので。

 

 

 


それではみなさん、何はともあれ宿レトロハウス銀座旭川でゆるくお待ちしています。(4月は改修にあてて、GWから営業予定)

f:id:kokorozashimizu:20170406193747j:image

 

泊まらないでも遊びにきたよという方がいれば嬉しいです。
顔見に来たよとか、お茶出せよとか、差し入れ持って来たよとか、ふらっと来てくれたら最高です。
お礼にいまなら大っきめの鼻くそプレゼントしちゃいます。

 

 

逆に来てくれないと闇のゲームでカードの中に閉じ込めちゃいますからね。

 

 

 

https://m.facebook.com/yado.guesthouse.ginza.asahikawa/#!/yado.guesthouse.ginza.asahikawa/
北海道旭川市4条14丁目右1(三番館さんとかの鳥居の通りの近く)
予約はbooking.comからか、私に直接連絡をどうぞ、どうかお願いします。(1泊2,500円)