公務員やめてみました。

公務員退職→自転車日本縦断→海外放浪→ゲストハウス開業へ

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→海外放浪→宿運営へ

ふと誰かに武力行使(デリー)

こちらで散髪をしたら襟足が四角になった志水です。

 


封筒のフタと全く同じ形でびっくりしています。誰にメッセージを送るか考えていると1日終わっていました、大変です。

 

 

そんなこんなでインドの首都であるデリーに着きました。

f:id:kokorozashimizu:20170221121928j:image
ここのインド人は騙す気満々な感じで気合いが入っています。
たまにバカにしてくる腹の立つ人もいます。ショッピングセンターで親から呼び出しでも受ければいいです。

 

 

 

そんなデリーの公園で本をだらだら読んでいると、

デコに耳かきと綿棒を平行に貼り付けたいかにもやばいじじいが横にすっと座ってきました。

 


「あなたの耳汚い、すごく汚いね。耳掃除100ルピーね」
としきりに言ってきます。

 


この耳かき野郎をキンニク超人と認め、どうやって消しゴムにしてやろうと考えてながらシカトしていると、

 


「トライトライ」

と勝手に綿棒を耳に突っ込んできてホジホジし始める始末。

 


私は日頃からやり過ぎというぐらい耳掃除をしているので、自信満々な顔をしていると、

じじいはドヤ顔で信じられない量の耳垢がついた綿棒を私の耳から出してみせたのです。

 


「へ?」

 


いやこの量耳に入ってたらまず何も聞こえないし、そんな訳はないとパニックになりながら言っていると、

 

「そんなに言うなら自分でチェックしてみろ」と。


耳に指を突っ込むと汚い何かがベッタリと付いていました。

なんとトライと言いながら耳垢もどきの物体をごっそりつけてやがったのです。
そしてそれを掃除してやるとの手口でした。

 

 

急激に沸点に達してしまった私は気づくと、インドでの細かいストレス×3週間分と共に天山並みの逆水平チョップをじじいに炸裂させていました。

 


「ううう..」とうろたえるじじい

 


さすがに武力行使はよくなかったかなと思っていると、じじいは私に言ったのです。

 


「じ、じゃあ50ルピーで」

 


次は眉間に二重の極みを決めてやると奴は闇の世界へとへなへなと戻っていきました。


皆さんも耳かきマンには気をつけてください。気づけばあなたの横にいるかもしれません。

f:id:kokorozashimizu:20170221122016j:image

 

 

そんな感じでデリーの都市を楽しみながら、日本人の人ともようやく何人か会いました。

 

初日にボラれて1週間も経たずに帰ることになった青年、
ゆるくも熱いかっけえカメラマンさん、
旅プロのワーホリさん、
若い大学生達、

 

なんだか日本人と話すとどこからか元気が出たのが不思議です。
前はとがって使っていませんでしたが日本人宿も悪くないなと思えてきたこの頃です。

 

 

 

そして近くの天下のタージマハルにも行って参りました。

しかし残念ながら率直な感想は"あーあったあった"でした。
アンコールワットもそうでしたが、事前情報が多すぎてなんだか感動がないのです。やはり予習は勉学のみがオススメです。


そんなこと言いながらもやはり迫力があります。
f:id:kokorozashimizu:20170221122231j:image

ホテルの屋上からタージマハルがヌッと見えるのにはなんだかおおーと思うのでした。よくわかりません。


タージはデカい墓だと聞いて、死者蘇生を唱えましたが蘇ったのは耳かきじじいだけでした。

 

土に埋めなおしたのは言うまでもありません。

 

 


次回「川の流れのように(ガンジスver)」