読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員やめてみました。

公務員退職→自転車日本縦断→海外放浪→ゲストハウス開業へ

公務員辞めてみました。

無職がゲストハウス開業にいたるまでのブログ
自転車日本縦断→海外放浪→宿運営へ

そこに楽園はあった (山形県 山形市→米沢市)

顔の色がガトーショコラな志水です。

 

 

山形市から牛で有名な米沢市に来ています。

 

 

 

昨日は蔵王連峰へ登ってきました。

 

 

蔵王はスキーや樹氷で有名なため、夏山でもロープウェイやらリフトやらを使用して登ることができます。

 

むしろ麓からの登山道の表示は少なかったですね。

 

また蔵王は上まで車で行けるラインもあり、1日数本無料バスも出ています。

 

車で行ける道路がある以上、自転車で登るのがモノホンのチャリダーなんでしょうが、私はそこまでMではなかったので無料バスを利用して9合目付近まで行き、そっからプチ縦走をかけました。

 

これから登る他のチャリダー仲間の皆さんへ、バスは快適だったことだけは伝えさせてください。車はすごいです。(かみのやま温泉駅から無料バス出てます)

 

 

少し登るとさっそく稜線に。

 

f:id:kokorozashimizu:20160525054343j:image

オカマがどっしりと構えておりとても綺麗でした。

 

カタカナだと意味が変わってくることに気づきました、お釜です。

 

 

 

その後はずっとガスにまかれ、雨。雨。雨。

 

f:id:kokorozashimizu:20160525053538j:image

危険だと思えば引き返しますが、ガスの中の山行はメイドの世界へ行くような気がして嫌いではないです。

またやってしまいました、冥土です。

 

 

蔵王山頂の熊野岳へもあっという間。登山道も石畳で整備されきっておりなんだかなあでした。

しかしどの山にも山を守っている人たちがいるのを知っています、ありがとうございます。

f:id:kokorozashimizu:20160525053820j:image

 

雨が止まないので下山。

 

 

下山始めた途端晴れてくるという山あるあるに顔を歌舞伎顔に歪めながら降りていると、広場で3人のパーティーと遭遇。

 

 

「一緒にコーヒー飲んでかない?」

 

 

いきなり出現したヒゲ天パにそんな声をかけてくれるとはやはり山の人はいい人ばかりです。コーヒーをいただき、お菓子交換の後、せっかくなので一緒に下ることに。

 

 

聞くと地元の方々らしく、色んなコースで蔵王を楽しんでいるんだとか。3人の掛け合いでいつも楽しい山歩きなんだろうなとわかりました。

 

他の山の話やギアの話をしながら、遠くの朝日連峰を眺めてはきれいだねえとみんなで何度も言いながら歩いていきます。

f:id:kokorozashimizu:20160525054002j:image

f:id:kokorozashimizu:20160525053842j:image

 

なぜ山がきれいに見えるだけでいい1日なのでしょう。それだけなのに満足です。

f:id:kokorozashimizu:20160525053900j:image

 

そのまま帰りも山形駅まで車に乗せてもらってしまい、さらには蔵王温泉名物の稲花餅までいただいてしまいました。

f:id:kokorozashimizu:20160525053923j:image

むぉっちもちで懐かしい味です。

 

大林さん夫妻、細谷さん、本当にありがとうございました、一緒に歩けて楽しかったです。また北アルプスで会いましょう。

f:id:kokorozashimizu:20160524212321j:image

 

 

 

山形の宿はゲストハウス「ミンタロハット」さんに泊まりました。

f:id:kokorozashimizu:20160524212334j:image

 

元々山形ではゲストハウスに泊まる予定はなかったのですが、仙台の方々に勧められてここに。

 

 

 

そしたらもうですね、あのですね、凄すぎますね。

 

1人1泊3500円(ドミトリーではなくしっかり個室)

 

しかしチャリダー料金というものがあり、チャリダーや徒歩ダーには格安で対応されているらしいです。

2泊で4000円。嘘でしょと。

 

冷蔵庫のこの辺りは自由に食べてっていいよと。嘘でしょと。

 

朝ご飯も自由にと。嘘でしょと。

 

風呂も沸かして入っていいですからと。泣きますよと。

 

晩飯もよければみんなで食べますのでと。夜はお金はもらってないけど、カンパ箱に気持ち入れてくれたらと。泣いてしまいますよと。

 

ゲストの方と一緒に料理をして山形の美味しい酒をしこたまいただいてしまいました。泣いてましたよと。

f:id:kokorozashimizu:20160524212546j:image

f:id:kokorozashimizu:20160524212558j:image

 

 

アメニティはもとより旅人には嬉しい細かなサービスがすごいです、サービスを受けているというよりも家に帰ったかのよう。

f:id:kokorozashimizu:20160525054108j:image

 

天国すぎました、リピーターがすごく多いのも納得です。

日本一のゲストハウスとも言われているらしく、沈没する人も多いらしいです。

 

 

オーナーの英夫さんもすごく柔らかい人柄で、良い意味で気も使わなく、言って見れば『究極の我が家』という感じでしょうか。

 

 

ヘルパー純子さんは、ずっといてもいいんだよなんて言ってくれて、、本当に沈没しそうになりました。

沈没したことを想像すると、いつ出発できるか、抜けれなくなりそうで怖くなってしまう程。

 

 

 

出発が億劫になりながらも出発しました。見送りまでありがとうございました。また来ます。すぐ戻ってきちゃうかも知れません。

f:id:kokorozashimizu:20160524212638j:image

 

 

 

 

 

その日の夜は仙台で知り合って栗駒山一緒に登った仁科さんが野宿先の小野川温泉まで来てくれました。

f:id:kokorozashimizu:20160524212658j:image

 

 

小野川温泉、ちっちゃくて古い旅館が多いですが、このレトロな温泉街っていう感じがすごく好きです。

f:id:kokorozashimizu:20160525054129j:image

 

でっかいホテルとかより全然好きです。

ここは銀山温泉とかよりもゆったり泊まりに来たいなあ。

 

チャリこいだ後の温泉はなんとも言えない感動と快感があります。

それにしても湯船に浸かった時の「あ"〜」という声はどこから出てくるのでしょうか。

私の中で違う生物が叫んでいるとしか思えません、どなたか後日診てください。

 

 

その後も外で椅子広げてだらだら話して、川の流れる音しか聞こえないところに笑い声が響いて。やっぱりキャンプはいいなと。

解散したあとは気絶して朝へタイムリープしてしまいました。理解するまで時間がかかりましたが外が綺麗だったので結果オーライです。

f:id:kokorozashimizu:20160525054155j:image

 

 

次回「旭川ラーメン大好き人間vs喜多方ラーメン

それではみなさん、今日も割り箸からシナチクをつくるようなクリエィティブな1日にしましょう。

 

下のバナーをクリックすると私のブログランキングなるものが変動し、1アクセスごとに私の口角が上がっていき、最終的に口角同士がくっ付きます。びっくり人間を作るためにもよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村


Anker・ Astro E1

5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー

急速充電可能 iPhone /

iPad / iPod / 他対応

トラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】(ホワイト)

新品価格
¥1,799から

f:id:kokorozashimizu:20160525054528j:image